子育てママを応援するブログ「いくごこち」〜ごあいさつと活動紹介【埼玉県越谷市】

コチラの記事は2019.10.30に更新しました

Message

はじめまして。

子育てママを応援するブログ「いくごこち」の運営、また、埼玉県越谷市を中心に、子育てママ向けの交流会や講座を開催しております、ママのためのライフデザインコーチ 山下イクミと申します。(→詳しいプロフィールはこちら

 

わたし自身も、まさに子育て真っ最中のお母さん。8歳の娘と6歳の息子、さらに、全国転勤のある夫をもつ、転勤族妻でもあります。(東京→長岡→青森を経て、2019年夏から埼玉県に来ました)

 

子育て中のママは、家事に育児に仕事に、本当に大忙しですよね。

 

わたし自身、そんな環境の中で「転勤族の妻だから」「母親だから」「今は我慢しなきゃ」と自分を押し殺しながら過ごし、理想とは正反対のイライラ・ガミガミの生活を送り、自己嫌悪の日々を繰り返していました。

 

縁もゆかりも知人もいない土地での孤独な子育ては、本当に長くて終わりの見えない暗いトンネルのような時間でした。

 

このままでは、私も子どももダメになってしまう・・・どうしたらいいんだろう。

 

そんな中、試行錯誤する中で、ある日ふと思いました・・・

 

「私が我慢していることは、本当に子どものためになっているの?」

「もしかして、私が私らしく笑顔で暮すことのほうがが、子どもがその子らしさを伸ばしながら心地よく暮すために大切なんじゃないかな・・・」と。

 

ママが自分自身のことを大切にしていくことが、子どもをひとりの人として大切にすることになる

ママの心地よさた、子どもの心地よさにつながっていく

ママの笑顔が、子どもの笑顔をつくっていく

 

あのとき「もしかして・・・」と思ったこの気持ちは、いまは実感へと変わっています。

 

それまでの私は、誰かの真似をしたり、「これがいい」と聞いたり読んだりしたことを真似したりしていたけれど。

 

大切にすることも、心地よさも、笑顔のもとも、ぜんぶ自分自身の中に答えがあって。自分でそれに気づいて、それを大切に暮らしていける状態を整えていくことで、はじめて「心地よさ」と「笑顔」が生まれてきました。

 

とはいえ、それに自分ひとりで気がつくのって、実はとっても難しくて、「理想はそうだけどね」とあきらめてしまっている方も多いのだと思います。

 

子育てはひとりではできない

子育てに答えはない

 

それは諦めの言葉ではなく。人の間で育つ人間だからこそ、自分自身や大切な身近な人たちと温かい関係を築きながら、子どもと一緒にお母さんも「わたしらしい」子育ての道を選び、進んでいくということ。

 

そのお手伝いとして、いくごこちでは、

ママ同士の交流の場づくり、一緒にお話する空間づくり

●子育てやコミュニケーションに関する情報や、ヒントやコツをお伝えしながら、一緒に考えながら、皆さんの選ぶ道を実現していく講座やフォローサポート

を埼玉県越谷市を中心に活動させていただいております。

 

 

「わかっているけれど、できない!」は、決して自分がダメだからではないんです。

やり方だっていろいろあるし、考え方にだっていろいろある。ひとりだと行き詰まってしまうことも、他の人と話すことで気がつくこともあるかもしれません。

わたしの場合、そのきっかけをつくってくれたのが、温かいコミュニケーションの学問、コーチングでした。

 

 

過去の私が経験したように

 

「子どものために」と頑張りながらも、なかなかうまくいかずに悩んでいるママたちが、少しでも心が軽くなって、子育てを楽しめるように。

「子育て中だから」「転勤族だから」と自分を抑えながら過ごしているママに、もっと自分自身を大切にしながら、前に進んでいけるように。

  

越谷の、そして日本中のママと子どもたちに、もっともっと笑顔があふれるように、全国のマザーズティーチャーとともに活動しています 。

 

Workshop & Lessons

越谷市近郊を中心に、子育てママの交流の場の提供、お片づけ講座、コミュニケーション講座などを行っております。

 

また、日中は子どもがいて参加が難しい、お仕事をされていて平日や日中は時間がとれない、遠方だがぜひ参加してみたい、などの声を受けて、オンライン(PCやスマートフォンのテレビ電話機能をつかったもの)での交流会や講座開催も増やしております。

 

ぜひ、ご自身のライフスタイルに合った方法で、無理なく楽しくご参加ください。もし、気になることなどありましたら、お気軽にお問合せくださいね。

 

子育てママ向け交流会・イベント

►越谷おしゃべりランチ会

 

ママのためのお片づけ講座

►子どもの生きる力を育むお片づけ講座

「片づけなさい」バトルは今日で卒業!お片づけで育む子どもの生きる力

・2019年11月23日(土)オンライン開講

詳しくはこちら

 

►ビジュー式片づけカードワーク®

カードを使って楽しく「整理」を学ぼう♪

※サークルやママ友同士もOK、リクエスト開催受付中!

過去の開催のようすはこちら

 

ママのためのコーチング講座

コーチングと聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?私のお届けするコーチング講座は、誰か大切な人のために(時には自分を犠牲にしながらも)頑張っているあなたに届けたい講座です。


►マザーズコーチングスクール

新しい教育で求められる「生きる力」や子どもの自己肯定感を育てる、お母さんのためのコミュニケーション講座

→詳細はこちら

 


►トラストコーチングスクール

あなたは大切な人とどんな人生を歩みたいですか?「信頼関係」を築くことをベースとした、コーチングを体感しながらコーチングを学ぶ、新しいコーチング講座

→詳細はこちら

 


►パートナーシップコーチング

パートナーと共に生きる喜びを|物語とともに深まる、あなたのパートナーシップ

→詳細はこちら

 

各種コーチング講座は、随時開講しております。ご都合のいい日程をお選びいただけますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

越谷市近郊での対面セッションのほか、オンラインzoom(PCやスマートフォンを使った無料のテレビ電話アプリ)やLINEでの開講も可能です◎


→最新のイベント・講座情報はこちら

→過去に開催されたイベント・講座のようすはこちら

 

 

子育て支援施設、PTA研修等でのご依頼

幼稚園・子ども園・保育園や子育て支援施設、小学校・中学校・高等学校でのPTA研修会などでの講演や講座も開催しておりますので、お気軽にご相談ください。


→過去の活動実績はこちら

 

My Story

今はこうして、皆さんのお手伝いができるように・・・と言っていますが。

実は、子どもが生まれてからずーーーーーっと、暗い暗い「子育て」というトンネルの中をさまよっていました。

 

 

転勤族の夫をもち、結婚後、知人もいない、縁もゆかりもない土地での新生活スタート。子どもにも恵まれましたが、見知らぬ土地で、助けてもらえる家族も知人もいない中での子育て。

 

赤ちゃんって、よく眠るものだと思っていたののに、娘は朝も夜も関係なく、とにかくよく泣く子で。布団に置けば、ずぐに泣き出してしまう。

ただでさえ産後に極度の貧血にみまわれ辛い中、泣き続ける赤ちゃんを、立ってあやし続けるのは、想像以上に辛いものでした。

 

 

それでも、当時暮らしていた新潟県長岡市は、子育て支援環境がとてもよく、子育ての駅の保育士の先生や、地域の子育てサークルの仲間に助けられ、どうにかこうにか毎日を過ごしていました。

 

ただ、・・・子どもはとても大切な存在なのに、心から「かわいい」と思うことができなかったんです。

 

「寝顔は天使なのにね」なんてよく聞くこともありますが、寝顔でさえそういった気持ちがわき上がることがなく、「私って母親として失格なんじゃないか…」とずっと悩みながらの子育てでした。

 

「こうなって欲しい」

「そのために私にできることは?」

「母親だから、こうしてあげなくちゃ」

 

元教員ということもあり、子どもの成長や発達については、知識だけは多くあったし、子育てについての本を読むこともよくありました。母親になる前から、子どもについて考える機会も多かったので、自分の中で、たくさんの想いもありました。

 

そこに、まじめで頑張り屋さんの長女気質が加わり・・・「こうしてあげたい」という理想と「わかっていてもできない」自分との板挟みの中、自分で自分を責める日々となっていきました。

 

 

そして、息子が生まれました。息子は娘と正反対で、よく寝てくれるし、泣いて大人を呼ぶのではなく、笑顔でこちらに語りかけてくる子でした。「かわいい」ってはじめて思えて、少しほっとしたことを覚えています。

 

一方で、幼稚園入園の前年になっていた娘には、期待や「幼稚園に入るんだから、できるようにしなくては」という親としての責任のようなものも感じていて、どうしてもきつくあたってしまう。

本当は、子どもと一緒に考えたり、思いを語り合ったりできるようになりたいのに。そんな子どもに育つように育てたいのに。実際には「ダメ!」「○○しなさい!」の連続。

 

 

私、何やってるんだろう・・・。このままだと、娘を潰してしまうかも知れない・・・。

 

 

そう思って、子どもとの関わり、時間の使い方、暮らしについて、とにかくいっぱい足を運んで、勉強して、どうにかしたい!どうにかしなくちゃ!と試行錯誤の日々がはじまりました。

 

試行錯誤の中で、だんだんと、私が本当に求めているのは『子どもも私も自分らしく笑顔で過ごせる暮らし』だということに気がつきました。

 

そして、家が散らかっていると、それだけでイライラしていまい、子どもにも優しくできていない自分に気がつき。私たちの生活の中にある「モノ」を見つめ直すことを通じて、私たち家族の暮しを見つめ直すことになることからはじめました。

 

モノを整理することで、心も整理されて、時間の余裕・心の余裕が生まれました。子どもと向き合う時間が持てるようになって、子どもたちの様子も、だんだんと変わってきました。

 

 

ただ、それでもモヤモヤが全部解決したわけではありませんでした。

 

 

子どもたちの様子を見守ろうと思っても、なぜかイライラしてしまう。穏やかに対応してみようと試みても、何度も続くとつい感情的になってしまう。

 

特に、自分自身が子どもの頃に親から叱られたことを、同じようにする子どもを見ると、文字通り頭に血が上る・・・。感情のコントロールだったり、冷静に自分を見るということができなかったんです。また、わたし自身、我慢を重ねてストレスもためやすい性格でもありました。

 

 

そんな時に出会ったのが、「マザーズコーチング」という子どものためにお母さんが学ぶコミュニケーションスクールでした。受講した瞬間に何か大きな衝撃が走ったわけではないのですが、じわりじわりと、自分に変化がでてきました。

 

 

あれ?前みたいに頭に血が上らなくなった・・・

あれ?子どもに言葉を返す前に、一瞬冷静になれている自分がいる!

あれ?もしかして私、お母さんがもっていた「お母さん像」に縛られていたのかも・・・

私は私らしくていいんだ・・・

 


子どもに感情的に言葉を向けることが減り、自分で自分を責めたり、自分を被害者にするような考え方をすることがなくなっていきました。
自然とイライラが減って、ずっと悩まされていた重い偏頭痛の発作さえも減っていき、自分でも驚きました。

 

そして、「子どもって面白いかも」「子どもって楽しいかも」「可愛いところ、あるじゃない♪」って、心の底から思えるようになったんです。

 

 

とはいえ、子育ては思いがけないできごとの連続です。

 

 

つい先日も、「うんんんんん・・・どうしよう・・・!?!?」と思うようなことがありました(笑)。

 

 

でも、以前と違うのは、


「あれ?私、いつもと違うぞ?」って、冷静に自分を見て、イライラの原因が何か整理して、対応できるようになってきたこと。

 

「怒り」そうになったときも、瞬間的に感情的に言葉を返すのではなくて、一瞬自分の中で考えられる時間が生まれて、「叱る」に変えられるようになったこと。

 

子どもが悩んだりうまくいかないとき、子どもと話しながら、子どもの想いを引き出して、子ども自身が目指したい方向を一緒に考えられるようになったこと。

 

そして

 

「子育てって悩むこともあるけど、楽しいよ♪」って本心から言えるようになったこと。

 

 

あんなに悩んで、うまくいかなかった私でも、こんなふうに変化があって、そして、毎日がとても楽しくなりました。

だからきっと、今は子育てに悩んだり迷っているママも、諦める必要なんてなくて。一緒に考えて、一緒に歩んでいくことで、今よりもっと気持ちも軽く、子育てを楽しむことができるようになると思うんです。

 

ともに子育てを悩み、楽しんでみませんか♪

 

あなたとお会いできる日を、わたしも楽しみにしております。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です