仕事をもつ転勤族妻の葛藤

先週から、急激に

「転勤になったら・・・」の不安の波がやってきています。

 

 

いつもだいたい内辞の1ヶ月前にやってくる

この不安の波。

今回は、いつも以上に大きいです。。。

 

   

夫の転勤の内辞がでる時期は3月中旬。

内辞が出たら、2週間で引っ越し。

エリアは全国。

ダーツの旅。笑

 

転勤は、あるかもしれないし、

無いかもしれない。

 

でも、転勤周期が4~5年といわれている中、

青森はこの春で丸5年になるので、

いつ来てもおかしくない状態。

 

 

4月以降もいるなら、もっと前に進みたい。

やりたいことがある。

 

 

でも、転勤の辞令が出てしまったら。

10日程度で青森を去らなくてはならない。

 

(そんな急に居なくなって、

先方が不信感を抱かない?)

   

引っ越し先が、青森まで、飛行機乗り継ぎや、

新幹線乗り継ぎが必要な場所になるかもしれない。

日帰りでは来られない場所かもしれない。

 

(引っ越し先の地域に、子供を預けられる

子育て支援があるかわからないのに、

「それでも青森に来ます」って約束できるの?)

 

(急遽、膨大な交通費や宿泊費が

かかるようになるかもしれないこと、

先方にどう説明するの?

めちゃめちゃ不信感もたれない?)

 

(それとも、交通費はこちらの都合だから

自腹きることにして、

赤字覚悟で青森に来続けるの?)

 

 

次々と出てくる疑問と正当な言い訳の数々・・・

 

そして、答えのない答えを探そうとすると、

こんなにも脳みそが疲れて、重くなってきて、

体力も気力も奪っていくなんて・・・

あらためて実感・・・

 

 

人は「曖昧」なことに「不安」を感じるものだけれど、

この転勤はまさに「曖昧」の塊。

それは不安を感じるわけだ。

 

 

それなら、私、どうする!?

不安を小さくするために

一歩踏み出せる私になるために

できることって何だろう。

 

 

まずは自分に

こんな問いかけをすることから始めてみました・・・

 

 

一年前、この状況になることが予想できたのに、なんの迷いもなく「プロジェクトに参加する」って言ったのは、どんな想いがあったからなの?

 

 

*TCS認定コーチ

*MCS認定マザーズティーチャー

*PCC認定パートナーシップコーチ

*整理収納アドバイザー

 

山下イクミ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です