今年のテーマは「進」 ~突然の転勤があっても、自分と仲良く進みたい

さて、2019年も始まり、実は最近、心の奥から突然わき上がってくる、不安を感じることがあります。

 

理由はきっと・・・そろそろ、転勤があるから。

 

転勤への不安は、自分の中で、だいぶコントロールできるようになっていたかと思っていたけれど、やっぱり心のどこかでは、不安を感じているんですよね。。。

 

こんな自分を感じたこともあり、私の今年のテーマは、転勤があっても自分と仲良く過ごしていけるためのテーマにしました。

 

転勤は突然に・・・

転勤族といっても、いろいろなタイプがありますよね。

 

自分の希望で転勤できる職種、本人の希望はあってもないような職種。

 

転勤の場所や時期がわかるのも、1年前の職種もあれば、半年前の職種、1ヶ月前の職種など、いろいろ。

 

 

 

そんな中、夫は仕事柄、転勤は突然に・・・

 

本人にも、転勤(引っ越し)の2週間前に、辞令が言い渡されます。

 

だいたいの辞令発表時期は決まっているもの、実際にわたしたちが

 

いつ?

 

どこに?

 

引っ越すことになるのかは、本当に直前にならないとわからない。

 

実際、前回の転勤のときは、お友達に引っ越しの挨拶もできないまま、その土地を去らなければいけませんでした。。。

 

過去の転勤後の記憶・・・

お世話になった人に挨拶もにできないまま、住んでいた土地を去り

 

下調べもできないまま、知人もいない新しい土地にうつる。

 

全国転勤のため、ちょっとした生活の「あたりまえ」も全然違う。

 

些細なことを、聞いたり相談できる人がいない・・・

 

連絡を交換して話ができる知人がやっとできたかと思ったら、

 

毎日私と子供を苦しめるようなメールを送ってきた。。。

 

でも、それを相談できる人もいない。

 

顔見知りはすぐにできても、話ができる友人はなかなかできない。

 

小さな「話せない」「聞けない」が積み重なっていった・・・あの日。

 

 

 

この1年で「今度はもう大丈夫」と思えてきていたつもりでいた。

 

人との関わりやコミュニケーションのことも、いろいろな捉え方ができるようになったし。

 

仕事を通じて、全国に、たくさんの仲間もできた。

 

転勤が、前よりも楽しみになってきた・・・と思ってたけど。

 

 

 

どこかで、こんな過去の記憶の中にある感情がうずく、自分に気がついた。

 

きっとこれが、今の自分なんだ。。。

 

後ろにさがることがあってもいい、1ミリでも前に進めれば

 

きっと、理想としては、こんな不安を消して、前に進めればいいんだと思う。

 

でも、人間、そう簡単にはいかない。

 

無理に、そう思っているつもりになって、自分を苦しめるのは、私にとっては、もっとずっと辛いこと。

 

だからね、2019年は、このテーマをたててみたんだ。

 

「進」

 

転勤したら、またゼロからの出発になるかもしれない。

 

一歩前にすすんでも、また、押し戻されることもあるかもしれない。

 

というか、実際はそんな繰り返し。

 

でも、本当に元の場所まで戻っているの?って考えてみると。

 

そこまで進んできたからこそ、自分の中にできた土台のようなものが必ずあって。

 

前に進む気持ちさえあれば、きっと、すごくすごく小さくても、1ミリかもしれないけど、進んでいるんだと思う。

 

 

だから。

 

前に向いている自分を、たった1ミリでも進めた自分を認めてあげられる自分でありたい。

 

それが、きっと1年後の自分をつくっていくんだと思う・・・

 

 

本当は、もっと野心的な1年のテーマをたてたい気持ちもあるけれど。

 

倒れることなく、家族と一緒に進んでいくためには。

 

きっと、これが、私にとって一番大事なことになる気がする。

 

 

 

こんな私ではありますが、皆さん、今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です