届けたいのは「コーチング」じゃなくて「コミュニケーション」

「活躍してるみたいですね、、、コーチング(の仕事)」

今日ある人にこう言われて、なんだか違和感を感じた自分がいました。

 

そう。

 

わたしは「コーチ」として仕事をしているし、マザーズコーチングスクールやトラストコーチングスクールの講師として、コーチングを体感しながら学べる講座を提供している。

 

でも。

 

きっと私は「コーチング」を教えよう、という気持ちをもって講座を開いていなくて。

 

 

その人が大切にしたい人

~それは、子どもかもしれないし、旦那さんかもしれないし、職場の人かもしれないし、もしかして自分自身なのかもしれない~

との関係をもっとよくするために、コミュニケーションをより良くするために、そのきっかけになれたらと思っていて。

 

 

そこにあるのは、「コーチング」っていう言葉よりも「コミュニケーション」っていう言葉であり、「スキル」よりも「想い」「気持ち」を大切にしたいという気持ちがある。

 

 

そいういえば、ナーサリーコーチングの営業を始めたころ、ある園の先生に

「コーチングってテクニックでしょ。わたしはテクニックで人と関わるのは・・・(だから、ごめんなさい)」

と言われたことがありました。

 

 

その時「テクニックだと思ってほしくない!」と瞬間的に思ったんだけど、それをまったく言葉にできなくて、何も返すことができなかった・・・

 

その先生のおっしゃっていることは本当にそのとおりで。テクニックじゃ人は動かせない。

 

ただ、わたしたちが届けようとしているものは、スキルやテクニックじゃなくて。

 

今こうしてコーチングを学び続けているのは、テクニックで武装して強くなるためじゃなくて。

 

 

力になりたい、応援したい大切な人のために、ほんとうに普段のなにげないやりとりの中で、力になれる、応援できる自分になっていきたいから。。。

 

 

だから、冒頭の言葉が、どこかテクニックのことを言っているように聞こえて。そこに心が通っているものに感じられなくて、違和感を感じたのかもしれないな・・・

 

 

そっか。

 

 

わたしがいま届けようとしているもの、大切にしているものは、心と心が通う、体温のある、関わりであり、コミュニケーションなんだね。きっと。

 

 

*TCS認定コーチ

*MCS認定マザーズティーチャー

*PAA認定パートナーシップコーチ

*整理収納アドバイザー

*親・子の片づけインストラクター

山下イクミ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です