「お母さん、『すごい』って言わないで!」子どもがしてほしかった褒め方とは

「お母さん、『すごい』って言わないで!」

 

これは、娘が年中さんのとき、よく私に言っていた言葉です。

 

お母さん、『すごい』じゃなくて『びっくりした!』って言って!

 

当時の娘にとって、最上級の褒め言葉は『びっくりした~』だったんです。

 

この言葉に、当時の私は、「へぇ〜そうなんだ」「子どもが嬉しい言葉も、ひとそれぞれなんだな、、、面白いな」くらいにしか思わなかったけれど。

 

マザーズコーチングを受けて

 

娘がなぜ『すごい』という言葉が嫌だったのか、なぜ『びっくしりた~』って言ってほしかったのか。その言葉の意味、その言葉から娘が受け取ったであろうメッセージがどんなものであったのか。

 

それはちゃんと理由のあることで、私たちが見逃してはいけない、大切な違いが隠れているんだと気づかされます。。。

 

娘が感じ取った「褒め言葉」の裏側

娘の入園を控えた3月の下旬、急な転勤が決まり、いろいろな事情が重なり、入園式3日前に新居に滑り込んだ私たち。

 

「入園式に出させてあげたい」「みんなと一緒にスタートさせてあげたい」ただそれだけの思いで、社宅に住んでいた方の口コミだけで、急いで選んだ幼稚園。

 

いま思えば、十分に見学もせずに決めてしまった私の責任だったのだけれど。。。

 

その幼稚園では、先生に言われたことを素早く正確に行動することが求められ、慎重に周りを観察してから行動する娘はそれができず。。。

 

毎日先生からたくさんの言葉を浴びながら、うまくできない自分と戦い続けて、家に帰ると壊れたように泣きわめき暴れ回っていました。

 

「できた」「できない」を瞬時に判断される環境の中で、娘はいろいろな気持ちを味わってきたのだと思います。

 

その後、悩んだ末に、年中さんへの進級を機に新しい幼稚園に転園。

 

新しい園の先生は、いまこの時の子どもを大切にしてくれ、あれだけ荒れて幼稚園への足取りが重かった娘が。たった数日で、幼稚園の門をくぐりぬけると、玄関まで笑顔満開で走っていくようになったんです。

 

後から知ったことですが、この『びっくりした~!』は、ある幼稚園の先生がよく言っていた褒め言葉で。

 

きっとその時、娘は『びっくりした~!』の一言から、たくさんのメッセージを受け取って。きっと本当に本当に嬉しかったんだろうな・・・と。

 

私が『びっくりした~』と言い換えると、それはもう、はじけそうな笑顔で喜んでいました。

 

褒め方には2種類ある

『すごいね』

『びっくりした〜!』

 

たった1つの言葉の選び方で、伝えるメッセージは180度変わってきます。

 

そして、大人は無意識に使っているかもしれない言葉から、子どもは大人が思っている以上に、その違いを敏感に感じ取っているのかもしれない・・・そんな風に感じています。

 

皆さんは、このふたつの言葉の違い、わかりますか?

 

 

*ナーサリーコーチング青森エリアリーダー

*TCS認定コーチ

*MCS認定マザーズティーチャー

*PCC認定パートナーシップコーチ

*整理収納アドバイザー

 

山下イクミ

\子どもの未来を変える/

信頼関係を築くコミュニケーション

マザーズコーチングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です