応援すること

私は高校時代、応援団に所属していました。

 

あれから20年経ち

いま、歴代応援団のOBOGが集結して

あるプロジェクトに向かって動いています。

 

 

当時、応援団の練習は

それはもう厳しくて厳しくて

でも弱音なんて吐いてる暇もなく

とにかく今を全力で頑張るのみ!

 

 

辞めたい…と思ったこともあるけど

でも、最後までやり遂げたとき

そして先輩となって

後輩に指導する立場になったときに

 

 

その辛い練習の日々に込められていた

大切な意味がいくつも見えてきました。

 

* * *

 

その1つが【応援とはどういうことなのか】

 

体育祭の最終種目、リレー。

炎天下の中、一日中応援に立ち続け

もう体力的には限界。

 

でもここが勝負だったことはわかっていたし

なによりも選手の先輩たち

応援している同じチームの仲間が

本当に全力で応援しているのも伝わってきて

 

 

とにかく必至に

たくさんの声援をもっともっと大きくして

選手の力に変えてきたいという思いで

トラックの中心で応援団の技をきっていました。

 

 

その時、ふっ…と

たくさんの声援と会場と自分自身が

ひとつになったような感覚になったんです。

お互いの中に入り込んだみたいな。。。

 

 

あ、これが応援するという感覚なんだ。

 

* * *

 

そして今年。

コーチングを学ぶようになり

 

『目標達成の神様』を読み

和田のあコーチのフォトセッションを受け

OBOGの皆さんとのやりとりをする中で

再びこの感覚を思い出しました。

 

 

コーチングを学ぶ中で

何度も聞いてきた「応援」という言葉に。

 

 

そっか…あの時の感覚!

価値あるコーチングができる時というのは

もしかしたら、あの時の感覚を

感じる時なのかもしれない…!

 

 

そう気づいたとき。

またひとつコーチングのことが好きになり

 

同時に

私はずっと【応援する】ことを大切にしながら

人生を選んできたことに気がつきました。

 

 

高校時代の部活も

大学時代のバイトも

卒業後の仕事も

結婚後の子育ても

 

 

そして

 

 

コーチングも。

 

 

これからも

たくさんのママ達が自分を大切に

一歩を踏み出せるように。

ママの笑顔で子どもが笑顔になるように。

 

 

転勤族子育てママのライフコーチ

山下イクミは応援していきます☆

 

 

* * *

 

 

立高応援団は残念ながら

今年で廃部になるそうです。

 

この長く続いた伝統と

立高生の中に脈々と引き継がれてきた思いを

9月8日に感じていただければと思います。

 

 

来たれ!立高生!!

現役生・卒業生諸君にエールを送る!

 

TCS認定コーチ 山下イクミ