お互いを信じ、チームだからできる教育

今日は

教育実習生の指導案指導のサポートでした。

 

 

昨年度も携わらせていただいて

強く感じたのは

 

それぞれの教科、立場だからこそ

できる指導があるということ。

 

 

学校にはさまざまな教科があり

全体として

ひとつの「教育」ができあがります。

 

この教科であれもこれもと欲張らず

「私(この教科担当)だからできること」

をしっかりと見据えて

 

あえてそこに注力した

指導案、授業にしていく。

 

 

でも、これができるのも

他教科のことを知り

その先生方の指導を信じているからこそ。

 

先生たちがチームになっているからこそ

できることなのだなと思います。

 

 

はじめての指導案作成は

大変なことも多いだろうけど

 

先生方の背中を間近で見れるからこその

たくさんの気づきを

実習生の皆さんにも

感じてもらえたら嬉しいなと思います。

 

 

教員として、いち母親として

大切に学んできたコーチングの講座

毎月2名様限定で届けしております

\ 詳細はこちらから /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です