ずっと私に必要だった【素直さ】の意味

「もっと素直になれ」

 

 

新入社員のときに

ずっと、何度も

私が言われてきた言葉・・・

 

 

でも、実はずっと

どういうことなのか

しっくりこなかった言葉です。

 

 

当時の私は

「素直」とは

「自分の気持ちに正直なこと」

「他の人の意見を聞けること」

としか捉えられていませんでした。。

 

 

でも、そうなろうとしても

周りの人から見れば

全然変わっていなくて。

 

 

なんでなの?

どうしたらいいの?

 

 

ずっと心の中で叫んでいました。

 

 

* * *

 

 

今日、トラストコーチングスクールの

プラス3プロジェクト(プロフェッショナルコーチによるグループセッション)の

第一回目のセッションがあって

 

 

やっと、今まで

「素直」になれなかった理由が

見えてきました・・・

 

 

私は

—————-

「できる人」って見られたい

「ずごいね」って認められたい

—————

とずーーーっと思ってきて。

 

 

誰かと自分自身を

無意識に比較してしまうところがありました。

 

 

だから、誰かが意見を言ったり

誰かがこうしていると言われると

「自分はできているよ」

って見せようとしてしまう。

 

 

今日も、セッション中に

そんな自分がひょっこり

顔を出してきて・・・ハッと気付いたんです。

 

 

自分の方ができている!って思い込みたいから

他の人の意見に対して

見えないふりをしてきたんじゃない!?

 

 

素直って、

そういった比較するような感情をもたないで

自分自身をまっすぐ見て

相手のこともまっすぐ見て

はじめてできることなのかもしれない。

 

 

私、今まで、どれだけ

このことでチャンスを見逃してきたのかな・・・

 

 

そして

コーチングを学んで

そのことに気付けて、良かった・・・

 

 

* * *

 

いいところも

ちょっと嫌なところも

ぜんぶ私自身。

 

 

そんな自分を

一番の味方に変えていくきっかけを

コーチングで見つけてみませんか?

 

TCS認定コーチ 山下イクミ